充実したキャリアを築くために、
ワーク・ライフ・バランスを実現する

JSOLは、様々な経験やキャリア、知識や価値観を持った多様な個性が、それぞれのワーク・ライフ・バランスを実現し力を発揮することが重要であり、社員と会社が共に成長し続けるために必要だと考えています。
そのためには、「多様な働き方を支援する制度」、「多様な働き方を尊重する風土の中で、社員が前向きにキャリアを構築すること」が大切です。
このコンテンツでは充実したキャリアを築くためにJSOLの環境を活用し、キャリアを切り拓く社員をご紹介します。

働き方をデザインする ― 社員インタビュー ―

「自分なりのワーク・ライフ・バランスを見つける」、「ライフステージに合わせた働き方を実現する」、「ターニングポイントを成長の糧にする」といった、『自分の働き方は自分でデザインする』意識を持ち、キャリアを切り拓く社員にインタビューを行いました。
様々なライフイベントと仕事を両立させて、充実したキャリアを築く先輩の声をお届けします。

女性ラインマネージャーからのメッセージ

プロフェッショナルの営業として

「自分の働き方は自分でデザインする」。私自身もそうした意識を常に持ち、制度を活用しながら、上司や同僚、そして一緒に働くメンバーとのコミュニケーションを大切に、ライフステージに合わせた働き方をデザインしてきました。現在は、西日本ビジネス事業部の副事業部長として、製造・流通業を中心にお客様とのリレーションシップ構築に携わっています。さらにJSOL社内の人材育成や社外での貢献活動として、社外フォーラムや企業での講演、「女性を活用できない会社に未来はない!」(講談社)の出版などの執筆活動も実施するなど、女性が働き続ける環境構築と重要性を広く伝える活動を行なってきました。

Y.Doden
西日本ビジネス事業部 副事業部長

学生の皆さんへのメッセージ

これから社会に出て行く学生の皆さんにはぜひ、「仕事もプライベートも含め、どういったキャリアを歩みたいのか」「そのために自分は今どのステップに立っていて、次のステップにいくために今すべきことは何なのか」を常に考える姿勢をもっていただきたいと思います。そして、自分の描くキャリアを実現するために主体的に学び、動いてください。会社が制度を整えても、「制度を活用しステップアップする」という一人ひとりの意思がなければ、社員と会社が共に成長し続ける、目指すべき姿にはなりません。JSOLはそうした意思を持つ方へのサポートを惜しまず実施する会社です。是非一人でも多くの皆さんに、ご自身の可能性をJSOLで拡げ、JSOLと共に成長し続けていただきたいと思います!
※ 社員の所属情報等の表記は取材時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。 ▲ ページトップへ