「株式会社日本総研ソリューションズ」設立

【日本総合研究所からの分社】

2006年7月に、一般のお客様向けに最適なICTソリューションを提供する会社として、「株式会社日本総合研究所」から「日本総研ソリューションズ(現JSOL)」を分社化しました。日本総合研究所はそれまで、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の一員としてグループのICT戦略を支える事業と、グループ外の一般のお客様にICTソリューションを提供する事業を担ってきました。しかし二つの事業は方向性やミッションが大きく異なります。グループ向け事業では、まず止まることの許されない銀行などの大規模金融システムを安定稼働させることが求められる一方、グループ外の一般のお客様向け事業では常に新しい技術の追求や開発のスピード、そして価格競争力が求められます。そこで、それぞれの事業の特長を最大限に活かし、より強化するために分社しました。

「株式会社JSOL」に社名変更

【NTTデータとの資本・業務提携】

日本総研ソリューションズは、2009年1月、株式会社NTTデータと資本・業務提携を行い、社名も「株式会社JSOL(ジェイソル)」に変更しました。 ビジネスモデルや世の中の仕組みは、刻々と変わっており、お客様のビジネスも激しいスピードで変化しています。そうしたお客様の要望に、より幅広く応えるためにNTTデータとの資本・業務提携を行い、NTTデータグループの強みと日本総研グループで培った当社の強みを融合させて、お客様対応力をより強化していきました。JSOLがこれまで培ってきたノウハウに加え、資本・業務提携を行ったNTTデータが有する開発リソースや開発手法を活用することが可能となりました。NTTデータは、ネットワークやデータセンター事業に大きな強みを持っているため、クラウド・コンピューティングやSaaS分野での新たな価値創出が期待できます。より広範で、高品質なICTサービスをお客様に提供するために、私たちJSOLは日々まい進しています。