JSOL WORLD

企業と特徴

EFFORTS社員の主体的な取り組み

JSOLには、主体的に取り組む意欲を持つ社員を
サポートする社風があります。
ここでは、社員の思いが行動になった活動をご紹介します。

VISION
JSOL Vision

“JSOLの5年後のあるべき姿”
“どんな会社を目指すかを示すもの”である
JSOLVisionは、
「どんな会社にしていくかは、社員自らが考える」
こうした考えのもと、社員の手で策定されました。
JSOLVision策定に携わった社員の思いをご紹介します。
2006年に日本総合研究所から分社した際、JSOLは経営理念やビジョンを明確に規定していませんでした。そんな状況に対して、「経営理念やビジョン」を作ろう、という声が挙がり、2014年から2015年にかけて、経営理念とビジョンを策定することになりました。
法人事業本部
コーポレートIT事業部
T.Nakamura
2003年入社 社会学部 産業関係学科 卒
MORE
01 取り組みを行った経緯
2006年に日本総合研究所から分社した際、JSOLは経営理念やビジョンを明確に規定していませんでした。そんな状況に対して、「経営理念やビジョン」を作ろう、という声が挙がり、2014年から2015年にかけて、経営理念とビジョンを策定することになりました。
その頃の私は少し関心を持つ程度でしたが、話を聞いてみると、経営理念は経営層が策定するが、ビジョンは現場の社員主体で検討するとのこと。社員の主体性を重視する社風は日ごろから感じていましたが、ビジョン策定という重要なタスクを社員自身が担うことに、初めは非常に驚きました。
私はその数年前に、JSOLの5年後10年後を見据え経営計画等を策定する「経営企画本部」に所属した経験があります。「JSOLの経営に関わる業務に携わって得た経験と、現場社員として日々プロジェクトを推進する中で感じた思い、二つの違う視点を持つ私の経験を活かしたい。」、自分の経験を会社の将来に役立てることができる大きなチャンスだと思い、プロジェクトにチャレンジすることにしました。
02 具体的に取り組んだこと
社内外の現状や他社のビジョンについての調査などを行うと同時に、ビジョンについての全社アンケートも実施しました。それらの結果をもとに、プロジェクトメンバーと時間をかけてディスカッションを行いました。
03 取り組みの中でもっとも力を入れた点
力を入れたのはプロジェクトメンバーとのディスカッションです。様々な部門から集まったメンバーは、それぞれ経験してきた業務や入社年次も多様で、皆それぞれの考えを持っており、なかなか話がまとまりません。しかし、ビジョンというのは、会社が「将来こうなりたい」という姿であり、どの部門からも受け入れられる共通的な価値観を反映していく必要があります。
粘り強く、時間をかけて話し合い、ときには丸一日かけて集中的に議論したこともありました。最終的には、メンバー全員が納得するビジョンを策定することが出来ました。ビジョンを策定する過程はとても苦労しましたが、メンバーには優秀で面白い方々が集まり、毎回議論は白熱しつつ、とても楽しいものとなりました。ディスカッションを重ねるごとに、自然とメンバー間の連帯感は高まっていったと思います。

こうしてできたJSOLVisionが、冒頭にご紹介したものです。特長の一つが、【私が変わる。】というフレーズです。JSOLVisionのスタートを【私が変わる。】とし、社員自身が【変化を楽しみ、チャレンジし続ける】ことが、JSOL社員の行動の最初の起点となることを示しています。JSOLが【変化の中で進化するICTサービスコーディネーター】として社会に価値を提供する存在であり続けるために、社員の主体的な姿勢が大切だと、JSOLVisionでは示しています。
04 JSOLVisionのこれから
「JSOLVision」は完成しましたが、これで私達の取り組みが終了したわけではありません。現在は「JSOLVision実践プロジェクト」に名前を変えて、日々、全社にビジョンを浸透させるための活動(地域貢献の一環でオフィス近くの区民館で子供向けプログラミング教室の開催や、相談先が分からない改善提案を受け付ける申請フォーム、JSOL Visionの実践に向けた若手向けオフサイトミーティング、何かに挑戦するためのコミュニティ作りなど)を継続しています。活動を通して、社内に「JSOLVision」を定着させ、目指すべき姿に会社を変えていけるよう、今後もチャレンジしていきたいですね。

CAMPUS
JSOL キャンパス

JSOLキャンパスは、会社の将来、自分の未来を変革していくために、
部門や世代の枠を越えて様々な活動に挑戦する場です。

JSOLを形創るのは、「私達がJSOLを創る」という社員一人ひとりの思いです。
そんな思いが端的に現れているのが、「JSOLキャンパス」の活動。
社員それぞれが取り組みたいテーマのアイディアを出し、テーマ毎に有志を募り、主体的活動を行います。
会社全体で実施するイベントを企画したり、同じ思いを持つ仲間とディスカッションや勉強会を実施したり、
バラエティ豊かなJSOLキャンパスでは、日常業務の枠を超えた発想やコミュニケーション、部門をまたがる人と人との繋がりが生まれ、
JSOLに新しい風を吹かせています。
現在JSOLキャンパスとして活動するのは、8つのグループ。その中からいくつかのグループをご紹介します!
JSOL大運動会
「仕事だけでなく何かチャレンジできないか」「会社の同期と共に何かを作りたい」という思いがあり、全社規模の運動会を同期と共に始めました。
金融・サービス事業本部
営業統括部
R.Takei
2012年入社 理工学部 電気電子工学科 卒
MORE
01 取り組みを行った経緯
「仕事だけでなく何かチャレンジできないか」「会社の同期と共に何かを作りたい」という思いがあり、全社規模の運動会を同期と共に始めました。自分一人ならチャレンジできなかったかもしれませんが、同期と実施した飲み会の席で「何かをやろう」という話になりました。
02 具体的に取り組んだ内容
システム開発の新規案件と同様、メンバーと共に運動会実現に関すること(ヒト・モノ・カネの調整)は全て実施しました。まず、社長へ全社規模の運動会を実施したい旨を伝え、開催を正式に承認していただくための会議を実施しました。無事に承認をいただき、社内の関係部署と予算の調整、会場予約、企画立案、運動会運営委員の募集、運営委員の体制確立、参加者公募、予算管理、当日の準備、備品の調達等を行い、なんとか開催することができました。
私は、リーダーの立場で主に経営層や他部門との交渉を行っており、それ以外の作業はほとんど他のメンバーに協力してもらいました。
03 取り組みの中でがんばった点
一番がんばったのは、参加者を集めることでした。
企画立案当初、全社規模の運動会をやると言っても、休日の実施を予定していたために、「本当にやるの?」「休日参加は厳しい」等、参加したいという声は必ずしも多いとは言えませんでした。
しかし、上層部や若手を巻き込み、一人一人に声をかけ、運動会を開催する意義を伝えていくことで、結果として多くの社員に参加していただくことができました。
次にがんばった点として、当日参加者の動きのマニュアル作成も苦労しました。スムーズに、かつ参加者が楽しめるような運動会にするには、いつ誰が何をすべきかを詳細に考え、マニュアルに落とし込む必要がありました。運営委員で集まって、当日の動きを一つ一つホワイトボードに書き出し、何度も議論しながらマニュアルを作ったことで、当日はスムーズに運営することができました。
04 今後の取り組み
2016年以降は、運営委員は別のメンバーに中心となっていただき、引き続き開催していきたいと思います。実際に運動会を実施して、参加者全員が本当に楽しそうにしていた様子を見て、非常に嬉しかったです。そして、ただ楽しかっただけではなく、このような多くの関係者と物事を成し遂げることは、ビジネスマンとして必要な能力を高める良い機会であったほか、普段関わることのない社員と深く関わることができたこともよかったです。運動会はJSOLが一致団結するためにとても効果のある行事だということがわかりました。今後も継続的に続けていくことで、社員が交流する機会を設け、JSOLがよりよい会社になればと思います。
JSOL the MOVIE
「ある企業の自社PR動画を見たらとても感動した。JSOLでも、何かわくわくする動画を作成したい。ぜひ一緒にがんばってくれないか。」というお誘いを受けたことがきっかけです。
プラットフォーム事業本部
プラットフォームビジネス第二部
N.Tai
2007年入社 自然科学研究科 電子情報システム専攻 修了
MORE
01 取り組みを行った経緯
同僚から「JSOLをPRする動画を作成するという企画が持ち上がっているのだけれども、一緒にやってみないか。」という誘いを受けたのがきっかけです。
当時、私は「JSOL Vision策定プロジェクト」に参画していて、ビジョンの中に「挑戦、変化。」というキーワードを盛り込む方向で話が進んでいました。そんなビジョンの方向性と合致する活動だと思ったので、二つ返事で参加を伝えました。
02 具体的に取り組んだ内容
「なんでも担当」という役職を襲名しまして…、動画内容の企画、制作会社との調整、撮影の立ち合い、他にもさまざまなことをやりました。本当に「なんでも担当」でした(笑)。
03 取り組みの中でがんばった点
この活動は全社の一体感を出すために行われました。そのため、動画製作メンバーだけが盛り上がっても仕方ありません。とはいえ、動画出演を社員に強制するようなことはしませんでした。企画当初は100名程度しか動作撮影参加に協力してくれない見込みだったのですが、強制することなく、地道に社員とのコミュニケーションをとっていくことで、動画撮影当日は300人以上の有志に協力してもらうことができました。

04 今後の取り組み
今回3つのムービーを制作し、JSOLの対外サイトでの掲載に加え、Youtubeでも公開されています。今後は制作した動画をより社外の人に周知していき、取引先の企業様などからのJSOLに対するイメージを向上していきたいですね。また、家族・友人・第三者にも広く見て頂き、JSOLという会社の明るい雰囲気を広められたらいいなと思っています。


リーダーの
K.Matsuzakiから一言
JSOLの真面目で明るい雰囲気に、ちょっとくだけて面白いことにチャレンジする空気も吹き込みたいと思って、お二人だけではなく、多くの有志を募って取り組みました。メンバー全員が能動的に動き回ってくれて、役員などの上層部のみなさんにも「やってみなはれ」とサポートいただき、社員の多くのみなさんにもご出演いただき、とても嬉しかったです。出来上がった動画を見て、みんなの表情が非常に活き活きしていて、会社としての一体感もあり、すごく感動しました。
今でも、JSOLを盛り上げるために何かできないかな、と考えています。面白そうなことがあったら、またチャレンジしてみたいと思います。

その他にも、こんなグループも活動中!

スキルアップを狙いにしたグループ、ちょっと遊び心の入ったグループ等、社員のアイディアで様々な活動がうまれています。
グローバルコミュニケーション創出塾
JSOL社員がグローバルで活躍するために、下記4つを軸に活動する。

【Skill】

 塾生の自己啓発、社員のスキルアップのバックアップの連携・共有

【Practice】

 グローバル案件の共有など各人のこれまでの経験・知識の共有

【Opportunity】

 実際にグローバル環境を経験できる場の提供(肌感覚を養う)

【Network】

 グローバル案件経験者のネットワーク構築
くるみん会
JSOLがより仕事と子育ての両立がしやすい会社となるよう、子育てにかかわる社員のコミュニティ形成、今後出産予定の社員が感じている不安の払拭、会社施策についての意見交換を企画する。
小ネタ・裏技共有塾
仕事(はたまたアフター5も?)で活用しているちょっとした工夫やテクニックを社員同士で共有し、仕事の効率化や社内コミュニケーションの促進、会社生活全体のモチベーション向上を目指す。
※「小ネタ・裏技」とは、仕事で使えるちょっとした工夫(OAテクニック等)や会社生活を楽しくするネタ(会社周辺のランチ情報等)等の総称