JSOL通信

JSOL通信Vol.5

2022.2.1

オンライン
コミュニケーションの
意外な落とし穴

いまでは当たり前になったオンラインコミュニケーションの注意点にはどんなことがあるでしょうか。

JSOL採用の瀬谷です。コロナ禍の就職活動ではオンラインでのコミュニケーションが当たり前のように行われますが、そこでの注意点にはどんなことがあるでしょうか。今回は、そういったオンラインコミュニケーションについてお話したいと思います。

〇細かな所作は相手に伝わらない
対面であれば、細かな所作がこちらの状況の情報として意識せずに伝わっています。ですが、オンラインではそういった状況が省略されることも多くあります。「伝わっているだろう」という過信は禁物です。
〇音環境は自分では分からない
自分が意識して発している音は、自分の耳に聞こえますが、回線を通じた自分の音は自分では分からないものです。タイピング音やPCを移動する音など、知らず知らずに発信しているので、友人などに音環境をチェックしてもらうことも大事です。
〇カメラを通して見える明るさに注意
暗い場所でカメラを通して見ると、自信がなかったり活動的に見えなかったりと、ありのままとは程遠い表情に見えてしまいます。照明を用意して明るい場所で映してみてください。

今回はオンラインコミュニケーションについて思うところをお伝えしましたが、ネットもリアルもコミュニケーションの本質は変わりません。相手の意図を汲み取る・答えを明確に返すことが重要です。ぜひこういった点に注意してみてください。

Information

ICT先輩社員交流会開催中です。

詳細はこちら