JOB/BUSINESS

仕事とプロジェクト

JOB/BUSINESSイノベーション推進活動

  • TOP
  • 仕事とプロジェクト
  • イノベーション推進活動

変化を乗り越えるために自らをイノベーションする

JSOLは、得意とするICTに最新のAIやDXなどの先端技術を取り入れ、
自らのサービスにイノベーションを起こし、お客様に常に新しい価値を提供する活動を行っています。
こうした動きの最前線で活躍する2人のメンバーに、
イノベーションを切り口に「JSOLの今」を語ってもらいました。

  • K.Matsuzakiデジタルイノベーション事業本部
    副事業本部長

  • Y.Yokoyamaデジタルイノベーション事業本部
    アソシエイトマネジャー

  • Y.Yokoyamaデジタルイノベーション事業本部
    アソシエイトマネジャー

  • イノベーションの、
    その先にあるもの

  • イノベーションの、その先にあるもの

    K.Matsuzaki:
    JSOLでは今、イノベーション推進活動として、デジタルイノベーション事業本部を中心に、新事業の立ち上げや既存の事業やサービスの革新に取り組んでいます。こうした活動の目的は、JSOLが環境変化を乗り越えて成長を続ける企業となるために、SAP、CAEに次ぐビジネスを育成し、新しい事業ポートフォリオをつくることです。

    Y.Yokoyama:
    イノベーション推進は、私たちにとって新しいチャレンジといえます。これまでとは異なる資質や行動パターンが求められるからです。とはいえ、JSOLが顧客と一体となってシステムを確実に構築する中で培ってきた信頼関係やネットワークは、未知の技術の導入を提案し受け入れてもらう際にも強い武器になっていると思います。

一人ひとりが
ビジネスリーダーになって

  • K.Matsuzaki:
    JSOLのイノベーションは、ICTを核にあらゆる領域を対象としています。「顧客ニーズを起点とする場合」「技術シーズを起点とする場合」がありますが、いずれの案件においても、既存の枠を超えた企画を立案し、社内の経営陣の承認を得て、最終的には収益に結びけるという流れを自分が中心になって動かすビジネスリーダーとなることが求められます。

    Y.Yokoyama:
    さらにビジネスリーダーには、社内のみならず社外とつながる力も大切です。研究機関や大学、独創的なベンチャー企業などと積極的に連携しなくては、真に価値ある技術を手にすることができません。JSOLは今、イノベーション推進をする中で、社内外のコミュニケーションが活発化し、とても面白い状況にあります。

  • イノベーションを
    JSOLの企業文化に

  • イノベーションをJSOLの企業文化に

    Y.Yokoyama:
    イノベーション推進に関わっていて面白いのは、JSOLの変化を肌で感じることでできる点です。今までに醸成してきた実直な企業文化だけでは不十分だということをみんなが分かっていて、キャラクターやマインドをチェンジしていこうという空気がどんどん広がっています。

    K.Matsuzaki:
    確かに私たちは新しいもの、従来と異なるものを受け入れるマインドを高めなくてはいけません。また、もっとグローバルでのビジネスを展開していきますから、英語で仕事をする力も求められます。異文化のぶつかり合いの中からイノベーションをおこし、環境変化に対応することで発展し続ける。そんなJSOLの実現を目指していきたいと思います。

イノベーション推進活動
 事例紹介

次の新たなビジネスの育成を目的に、イノベーション推進活動から生み出された事例の数々。
中期的なビジネスに繋げることを目的として、
既存ビジネスの枠に縛られず新たなビジネスが生み出されるケースもあり、
ここに挙げた事例以外にも数多くの新規事業を創出しています。

CASE 1ICTを中心にしたオープンイノベーションの推進

社会デザイン・ビジネスラボ
  • OVERVIEW概要

    立教大学社会デザイン研究所とJSOLで立ち上げたイノベーションの場です。「ICTを中心にしたテクノロジー、および法人・個人の強みによって持続可能な社会にしたい」という想いや考えを持つ企業の枠を超えたメンバーが集まり、専門性に基づいて知恵を出し合い、産官学が連携することで、社会課題の解決とビジネス機会の創出を目指します。

    INDUSTRY対象業界

    全業界

    TECHNOLOGY技術

    JSOL独自のアイデア創出フレームワーク「いのべ場」を活用したアイデア出し、ビジネスモデル構築
    詳細はこちら

CASE 2IoTを活用した設備状況可視化

水耕栽培設備の状況をセンサーで見える化~設備・エネルギー事業社様~
  • OVERVIEW概要

    大規模ビニールハウスの水耕栽培設備にセンサーを設置し、JSOL提供のクラウドプラットフォーム J’s AID™を活用し時系列のデータを参照可能に。育成ムラの原因確認や、新たな育成ノウハウの発見につなげるためのPoC(概念検証)を実施しています。

    INDUSTRY対象業界

    農業(特に植物工場)

    TECHNOLOGY技術

    IoT、センサー、クラウド
    詳細はこちら

CASE 3AI×VR『VRタレントオペレーション』

VRタレントオペレーション~VR×AIで職業適性診断~
  • OVERVIEW概要

    仮想現実(VR)×人工知能(AI)で、職業や職種への適性やチームの特性を診断するシステム。VR空間でパズルを解かせたりやドラマを体験させ、行動や視線の動きなどから、その人の認知能力や行動特性、性格特性を数値化します。イスラエルのスタートアップ企業の技術を活用し、JSOLが日本企業向けに評価機能を拡充しました。

    INDUSTRY対象業界

    全業界

    TECHNOLOGY技術

    VR、AR、脳科学、AI、クラウド
    詳細はこちら